JAZZ、中村照夫

JAZZ、中村照夫について

JAZZの初心者の楽しみ方

JAZZの初心者の楽しみ方

投稿日:2017年5月3日 更新日:

JAZZの初心者の楽しみ方

特定の音楽に興味を持つきっかけは、色々とあるかと思いますが、テレビやラジオなどのメディアでの露出が決して多いとは言えないJAZZに関しては、純粋に音への興味というよりは、大人の雰囲気であるとか、知的な感じが良いなど、イメージが先行する場合が多いようです。

ただ、きっかけなんてものは何でもよく、なんとなく聴いているうちに、自分なりの価値を見出すことができれば、知らず知らずのうちに、その魅力にのめりこんでいくことでしょう。

楽しみ方も人それぞれであり、決まりなどありません。自由に演奏し、自由に聴いてこそ、JAZZの醍醐味といえるでしょう。

 

イメージと音を一致させる

いつかどこかで聴いた音、記憶の片隅にかすかに残る、自分の思い描くJAZZの音と一致する演奏に出会えたら、それは素晴らしいことでありますが、初めはなかなかそんな音に出会えないと思います。それどころか、何を聴いても思っていたものと違うとなれば、だんだん興味も薄れていくでしょう。

やみくもにJAZZと名の付くものを片っ端から聴いていくのも新たな発見もあり、それはそれで良いかもしれませんが、聴きたい音に近道したいのであれば、ポイントを押さえて探すべきだと思います。例えばどんな楽器が主役となっていたかが分かれば、ジャケットの写真など、ビジュアルからヒントを得ることもできます。大人数での演奏なのか、少人数なのか、曲調はどうだとか、ポイントは沢山あります。それらを模索し、宝探し的な感じで探してみるのも良いかと思います。

 

好きな曲、アーティストから幅を広げる

聴きたい音が見つかれば、おのずとそれは何という曲なのか、誰が演奏しているのかを知りたいと思うに違いありません。好きな物に対して、もっと詳しく知りたいと思うのは当然の心理であり、その欲求に限りなく答えてくれるのもJAZZという音楽の素晴らしい所です。

好きな曲が見つかれば、それは他の数多くのJAZZミュージシャンにも演奏されている可能性が高く、今度はそれらをチェックしてみたくなるはずです。思いもよらないアレンジで演奏されていたり、楽器が違うだけで、全然印象が変わったりと、演奏者が違うと全く違った発見があり、それに伴った知識も豊富になってきます。

また、そのアーティストが演奏する他の曲もたくさん聴いてみましょう。最初に好きになった曲、それを演奏するアーティストのものなら、抵抗なく受け入れられると思います。色んな曲を聴いていく中で、更に良いものもあれば、全く良くないものもあり、そのうちそのアーティストに対する印象がかたまり、批評もするようになるでしょう。

そうなれば、もう後は、枝わかれ式に楽しみの幅が無限に広がっていきます。もっと良い曲を、良い演奏を求め続ける限り、それはそのままJAZZを楽しむことになるでしょう。

 

演奏してみる

何と言ってもJAZZの究極の楽しみ方は、演奏することだと思います。ポップスやロックと違い、JAZZは難解であるというイメージが強いようですが、簡単な演奏でも十分にJAZZとなりますし、高いレベルの演奏を求めることにおいては、ジャンルは関係ありません。

まずはそれっぽい音を出してみるだけでも、楽しいですし、誰でも最初はそんなものだと思います。特にJAZZはいわゆる、それっぽい音を出しやすい音楽だと思いますし、少しでも演奏できるようになると、聴き方もまた変わってきます。

あまり難しく考えず、少しでも興味があれば、気軽に初めてみてはいかかでしょうか。

JAZZの初心者の楽しみ方

JAZZに対する妙な偏見を感じる時があります。難解であるとか、お堅いイメージがあるとか、それは単にネガティブなものではなく、ある意味、壁のようなもので、それにより少し閉鎖的なジャンルの音楽になっているように感じ、残念でなりません。

ただ実際のところは全くそんなことはなく、他のジャンルの音楽同様に、気軽に楽しめるものでありますし、そもそも自分が聴きたい、楽しみたいと純粋に感じることに、自ら壁を作ってしまうようなことがあっては、ならないと思います。

ジャケットがカッコイイから買ってみた。ぐらいの感じで是非とも気軽に楽しんでみて欲しいものです。

-JAZZの初心者の楽しみ方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした